gallery
 
news ...... 2024 ~           >>>>>>> 2020~2023index
2024/02/19  暖冬?
二月といえば一年で一番寒い時期・・・・なはず。で・・・20℃って地震でもあるのかっていう勢いです。実際能登ではあった訳ですし、明日は我が身。
 
 
 そんな訝しい陽気ですが、春は確実に近付いて来ています。先日も、サーブの練習で出掛けたコートの脇に見つけましたオオイヌノフグリ。転がったボールを拾っていた時に春を告げる様にひっそりと咲いていました。

好きな花って、一説によると自分のアイデンティファイするもの。つまり深層心理で自分と重ねるものだそうですが、となると管理人は、無意識に質素で素朴だと自分自身を感じていることになるのですが・・・どうなんでしょうか。深い意味では当たっている様な・・・ないような。
 
ご近所の梅の花も、折角咲いたのに、こう暖かくてはだらしなく見えて気の毒。

とはいうものの、今週末は寒気が戻って来るそうな。油断は禁物です。

「今日の一句」....

♦「紅梅の 紅をうるほす 雪すこし」  ..... 松本たかし
 
 
 
2024/02/05  「節 分」 (立 春)
 
 
 
by 笑笑亭抱腹(Tamiko)
 
2024/01/30  「スマートウォッチ」
  つい先日健診がありまして引っかかりました💦 まあ前日のテニスで、ラケットを杖にしたいくらい動悸がしていたので、ヤバいなぁとは感じていたのですが・・・・一番最後の問診で医師から直接「循環器の専門医院で至急診てもらうように」と言われると、やっぱなァと。

普段風邪とか何らかのストレスがあると不整脈が出る。結局、専門医に不摂生を叱られながらも大したことがなかったので胸を撫で下ろしてはいるのですが。。昨年暮れのインフル騒ぎのあと、今まで持っていた根拠のない健康への自信は一気に壊れ、このところ健康オタクの様に自分の身体への関心が強くなてしまった。で、僕の主治医ともいえる知人の内科医の勧めもありスマートウォッチなるものを身に付け始めた。スマートウォッチでとれるデータは、運動歩数、睡眠時間、血糖値、血中酸素、血圧、心拍数、体温、心電図とある。加えてLINEやメールの着信、天気のチェック、そして、スマホの電話の送受信他スマホとの共有で音楽も聴ける。
 
 専用の医療機器ではないので精度は85%くらい程度。ただ異常の前触れの様なデーターが出たときには案外頼りになりそう。知人の内科医は、お医者さんなので十万円以上のアップルウォッチをお付けになられて、不整脈の手術を三度も潜り抜け74歳の身でフルマラソンに出られる超人<m(__)m> まぁ僕には高嶺の花で、身分相応の廉価なものでも十分。

これ、スマホに health 〇〇とかいうアプリを入れてウォッチのデーターを表示させるのですが、このアプリが未だ未成熟、未完成。なので、特に心電図に関しては × 感心するのは睡眠データー。その深さや質、そして就床時間と睡眠に入った時間も可成りの精度で記録してくれる。ただし、気にしすぎるとこの機器に逆にコントロールされるので注意。

いろいろ情報をとると、何もスマートウォッチ等を付けなくてもスマホさえあれば良いアプリは沢山あって時代だなぁと。

ということで、必死で心電図のしっかりとれるスマートウォッチをネットで探し回る毎日です。
 


アプリ「熟睡アラーム」.....これスマホを枕元に置くだけの優れモノです
 
2024/01/26  先生の近況です。 
新年おめでとう☺️
私 奥住です、今後メールはいきていやますか。

新年早々奥住先生?から来たメールです🎵
始めは謎解きかと思いました💦

・・・が、スマホの予測変換の様なモードで読むとなかなかに味わいのある文面です。先生の病後の不自由な四肢と、霞んだ視力を駆使して思いの丈を小さなスマホのキーボードにぶつけている様が眼に浮かびます。美しい短歌や完成度の高い俳句と比べても決して見劣りしない言霊の力が伝わってきました。

三木茂夫という偉大な解剖学者がいました。彼の論考に「言葉を発するとき、人は呼吸を止めなければならないので、生体の自然から矛盾した危険な行為をしている」というのがあります。ひとが初めて言葉を発した時「わっ!」と言ったかどうかわかりませんが、これは想像を超えて大変なことだったと推察できます。今回の先生からのメールに同じ気配を感じました。先生、お疲れ様でした <m(__)m>

「今日の一句」....

♦「私 奥住です、今後メールはいきていやますか。」  ..... 奥住 強
 
2024/01/26  コロナのパンデミックが長くなることは予想していましたが、ここまでとは・・・・。で、このコーナーも鰻の寝床のように長~く間延びしてきましたので↑↑に2020~2023年までのデーターの書庫を>>>>>>> 2020~2023index として設け移転ましたので、過去のデーターが気になりましたらクリックしてご覧ください。

足利市小俣町 赤城連山の眺望
管理人も歳相応に老化して来ましたので、このページを有効に活かして行くことにしました。日常の何気ない風景をアップしていこうと思いますのでよろしく~ 

「今日の一句」....

♦「去年今年 貫く棒の ごときもの」  ..... 高浜虚子  
 
  2024/01/20  先生の近況です。  

いつも語気使いありがとう。私も8月後半から人工透析始めました。火、木、土と週3日、一回三時間近いうち4時間になります、それ以外はリハビリに1日と病院週5日です。
嫌い
😭💔な美容通いが好きになりました。取り敢えず報告まで

先生からの連絡を仲介して下さるYさんに入ったメッセージ、現状が分かる様に原文のまま載せました。想像していた状況より大分具合が良さそうなので少し安堵しました。そして、「痛みに対しての耐性」ってあるんだなぁと。まぁ先生だからだと思いますが。。
僕らも年相応の流れで疾患や障害と近しくなってきていますね。僕自身も昨年暮れにはインフルエンザに罹った後遺症が酷くてキツイ思いをしました。テニス仲間にもコロナに罹る者も出て、そう珍しい事ではなくなってきています。つい忘れがちなのですが、未だコロナは終息していないんですよね。

そして、パンデミックは同時に大きな災害や戦争、そして政変、事件事故を惹き起こすといわれて来ましたが、現状はまさしくその通りになってきています。能登の地震と羽田空港の事故。一見すると無関係の様ですが、じつは深いところでリンクしています。
 
 日本の報道ばかり観ていると能登の地震や羽田の事故も然程でもないようですが、どっこいアメリカのニュースでは、今回の事故、羽田空港の警報システムが壊れていたこと、そして、能登の地震現場に向かうはずだった海保の支援機には、管制塔に伝える警報システムの更新に予算が組まれていなかったため古~いシステムのままだったことが報道されています。おまけに、志賀原発は外部電源が落ちていたこと💦、これみな日本では積極的に伝えられていませんね。やばいです。

ということで、正月早々暗くなるお話が続きましたが現実です。とは言うものの、そう暗くなってばかりじゃ遣る瀬無いので、ここは毎日美味しいものを食べて身近に楽しいことを見つけて生きていくしかありませんね。

インフルエンザも少し落ち着いて来た・・・・と思ったら次は花粉症だそうです💦

ご自愛ください!

「今日の一句」....

♦「星あまた 撒かれ節分 祭の夜」  ..... 
丁野弘  
2024/01/09  Top animation .... renewal   

「今日の一句」....


♦「寒椿 小さく赤き 一重なる」  ..... 
原 石鼎  
2024/01/01 あけましておめでとうございます
okuzumi-class net  本年もよろしくお願い致します。 
(c) 2020 - 2024okuzumi-class.net All rights reserved.