コロナ雑感  
column 
2022/02/04  コロナ雑感
 空間の偏り 
秋の夜長 
「ひとを好きになる」ということ
 縄文時代について(1) 
 コロナを整理
奈良(nara)について
徒然に 
日本のアニメ 
埼玉(sakitama)のこと
   
僕らの時代
「SWEET CANDY」 
「登校拒否」 
奥住先生と「母性」について 

 
2/04(金) 

今、巷ではファイザー製の三回目のワクチン接種に行列するという珍事?が起きているという。その訳は、モデルナ製を打つと主に心筋炎等の副反応が出るということに怯えている?らしい。

詳しいエビデンス(研究論文資料等)は下↓にリンクを張ったのでご確認を。
 ..... と言って、この膨大なデータを確認する方は変人の域にある方なのでざっくりとした概要を書き込みます(正しい読み方は自己責任でどうぞ(^^♪)。

確かに、心筋炎、心膜炎の副反応が出ることは事実です・・・・ただし、それは高齢者ではありませんし若年層であっても数値そのものは極小です。
 また、交互接種した方が抗体量が増えます。加えてその増加量はモデルナの方がファイザーより多いです。なのでモデルナを打たないことの意味が分かりません。ニュース報道をどこで取っているかが決定的です。大方、TVや、新聞、そして、ラジオでしょう。僕も朝はTBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」、夕方は「荻上チキ・Session」を聴いていますが、コロナに関しての情報の質は微妙。
三回目のワクチン接種に関しては、モデルナ製がお薦めですが、ただし、そもそも論としてワクチン接種の問題があります。 

※ 歴史上初めて遺伝情報を伝えるRNAに対して負荷を与えるワクチンであること。
※ たった一年で開発したこと(治験の少なさと接種後の経過を辿っていないこと)。
※ 短期的にはコロナ対策として有効性があるが、長期的には莫大な無駄とになる可能性が大きいこと。
※ 後遺症(脳にアタックされる)のリスクが不確かなこと。


ということで、最も整合性のあるコロナ対策は「検査と隔離」尽きますが、民主主義国ではほゞ不可能ですね。

引き続き警戒を!!
 
 進まぬ3回目接種 遅れた前倒し判断 副反応忌避感 https://news.yahoo.co.jp/articles/bbf...

「敬遠」されるモデルナ製、行列できるのはファイザー製のみ…心配なのは副反応や交互接種 https://www.yomiuri.co.jp/medical/202...

3回目接種巡り 公明・山口代表が政府に苦言 「広報活動が不十分」 https://news.yahoo.co.jp/articles/ba4...

「河野大臣なら違うましな答弁」 野党議員、堀内ワクチン担当相を批判 https://news.yahoo.co.jp/articles/3da...

第75回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第26回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料 https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/00...

ファイザー社ワクチン初回接種者に対する3回目接種後中間報告(2) https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

第 75 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 令和3年度第 26 回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要(コミナティ筋注、ファイザー株式会社) https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要(スパイクバックス筋注、武田薬品工業株式会社) https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

新型コロナワクチン接種後の心筋炎又は心膜炎として製造販売業者から報告された事例の概要(コミナティ筋注、ファイザー株式会社) https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

新型コロナワクチン接種後の心筋炎又は心膜炎として製造販売業者から報告された事例の概要(スパイクバックス筋注、武田薬品工業株式会社)

https://www.mhlw.go.jp/content/106010...

副反応疑い報告の状況について https://www.mhlw.go.jp/content/106010...
 
出典元:YouTube 「一月万冊」
 
 
 2/01(火)
新型コロナウィルス7の蔓延が始まって丸二年が過ぎ、コロナは、僕らの周りのいろいろなものを分断した。

コロナは只の風邪と言う人たちと、科学的な見地から発信された情報を限りなく集めて「正しく怖がろう」とするひとたち。ο変異株が出てきた辺りから、この分断は顕著になった気がする。

去年の秋、市の主催するテニス教室を受講した際、同じクラスに地元日赤病院に努めている親しいメンバーに「この冬、第六派は必ず来ますよ」と伝えたところ「何言っているんだこの人は・・・・」っていう顔をされてちょっと引いた。一般的に、一番確かな情報を共有していそうな医療関係者でさえ、この程度の認識に驚いたと同時に然もありなんといった感じ。

先週からテニスクラブを欠席し籠っているが、クラブ自体は可成り盛況らしい。みな高齢者なのに。。
 
クラブのメンバーでご近所のTさんは、奥方が重度の基礎疾患をお持ちになっている。お嬢さんは保母さんで「頼むからテニスは自粛してくれ」と懇願するという。おまけにお孫さんも同居していると聞いた。けれどもテニスを休むことなく続けておられる。僕の眼には、狂っているとしか 映らないのだが、他のメンバーも五十歩百歩。彼らから見て僕はだだの「ヘタレ」。

でも、これは日本だけの話ではない、欧米も似たようなもの。英国の首相は、一月一杯でマスクの使用を解き、あとはマスクなしで自由に市中を出回ってもいい...... という決断を下した。そうしないと支持を得られず失権するからだ。英国では「マスク」=「弱腰」と映る文化がある。英国人は、コロナ禍にあっても常に強く振舞わなければならない。これは、科学とは別次元で作動する心理。

日本の空気、世界の空気ともにο株は感染率は高いものの重症化率は低いと報道されている。元朝日新聞記者烏賀陽 弘道氏が言うように「日本のマスコミは嘘も言わないが、正しいことも言わない」。特に治験が少ないこともあって後遺症に関しての報道は少ない。というより、変異株に関しては後遺症という呼称は実相を反映していない。男女を問わず脱毛、記憶障害、倦怠感、etc。コロナに関しては、遅れてくる症状(ロング・コービット)と呼び変えた方がいい。
 
パンデミック時にあっては最悪の事態を想定して備えることが常道だが、三回目のワクチン接種率は3.2% 足らず、クラスターが家庭50%を超えている現在、自宅療養という名の自宅放棄が都内71,960人(1/31日)、全国414,606人(1/26日)。これで首相は「最悪の事態に備える」と繰り返す。これデジャブ。そう、大本営発表だ。
{大本営発表}
ガダルカナルの戦いの発表で行われた「撤退」→「転進」、アッツ島の戦いの発表の際行われた「全滅」→「玉砕」、敵艦戦の撃沈か撃破かわからなくなったほど報告能力が低下した時期に撃沈破という新語を作り出すといったことがその例とされ、終盤は、改竄(かいざん)・隠蔽(いんぺい)・捏造が繰り返された
(ピクシブ百科事典)

国土交通省、厚生労働省のデータ改ざん、その他公文書改ざん等枚挙に暇がない。何も変わっていない。それを放置しているのが国民。それを見据えてマスコミも報道を実相よりダメージを低く伝えることの繰り返し。

いつか来た道。

検査陽性者の状況

  • 陽性者数 (累計)577,783 
    • 入院3,519 
      • 軽症・中等症3,493 
      • 重症26 
    • 宿泊療養3,525 
    • 自宅療養71,960 
    • 入院・療養等調整中43,222 
    • 死亡3,201 
    • 退院等(療養期間経過を含む)452,356 

2022年1月31日の患者の発生状況等

  • 新規陽性者数11,751 
    • うち65歳以上909 
  • 死亡者数1 
  • 都外からの持込検体による陽性数407
  • 検査数(2022年1月30日参考値(3日間移動平均))17,629 
(東京都)
お隣中国は、北京オリンピックもあってPCR検査は数百万件/日の検査数を誇る。検査機器に日本の島津製作所製 も大活躍している。1時間も掛からずに検査結果が出る機器を自国で生産しているにもかかわらず、未だに保健所を通して人力で検査を繰り返す日本の事情は、元首相の中曽根さんが保健所を行政改革の対象にしたことによる。整理縮小される前に、どうしても実績を上げなければならない事情が保健所にはある。迷惑なのは国民だし被害者でもある......けど突っ込まないよなぁ。

僕の周りの空気としては、危機感など伝わってこない。実際に家族や近しい人が身近で感染しなければ他人事なのだろう。
 新型コロナウイルス感染症患者の療養状況等及び入院患者受入病床数等に関する調査結果(2022年1月26日0時時点)によると1/26日時点で414,606人が自宅療養等で入院出来ずに待機している状況を医療崩壊と言わずして何というのだろう。。

ο変異株は、既に4種の亜種が出ている。コロナ禍も二年も経つと、最早風邪の様なものとして対応する(with corona)空気が醸成された。ひとびとは疲れてしまった。状況は遭難者の末期に近づいていて幻覚や幻聴が聴こえているようだ。

くれぐれも気を緩めず引き続き警戒を! そして、後遺症が残ることをお忘れなく!!

樺埼八幡宮御神木 
 
 
 01/12

μ株
新年あけましておめでとうございます。

新年早々コロナネタはね~だろう...... とは思うのですが、異次元のο変異株の出現がヤバいので、ちょっとだけ触れますね。

昨年末から、欧米が凄いことになっていたにも拘らず我が国は数人単位での推移。対岸の火事として高みの見物していたひとも多かったのでは。。昨年、管理人は、日本のメディアが頼りないので、科学的で最先端の情報を海外の新聞や論文から得ている......みたいな話をしたのですが、ここに来て欧米のメディアも日本並みに狂ってきてびっくり💦 やはり一日100万人を超える感染者が出れば誰でもそうなりますね🤣
 
   
ワクチンさえ打てば何とかなる...... と思いがちですが、忘れてならないのは、今回の新型コロナウィルスは人から人への感染はもちろん、その前に元々蝙蝠から人獣感染として伝染したという事実です。何を言いたいかというと、中国並みに、どんなに厳重に人の接触感染を管理しても、結局空を飛んで蝙蝠(哺乳類)や野鳥や、その他の獣がウィルスを運ぶので打つ手なし?

まさか鼠、狸や狐、豚や鹿や熊にワクチンを打つ?そりゃー無理でしょ💦�

早い結論ですが、ここはもう with corona のステージに入ったということですね。撲滅はあり得ないし、それは製薬会社が肥えるだけです。そして、医学的な見地でのみcorona を考える段階から、社会そのものがシステムとして壊れてゆくことを経済を含め考えなければならないステージに入ったという認識は重要です。
 
 
 見落としがちなのは、後遺症で、3人に1人の割りで残ると言われています。

世田谷区の報告だと無症状でも3割の患者に後遺症が残り、おまけに長期化が顕著で1年後も4%も残り続けるということ。「これはまるでドラキュラに嚙まれた記憶がないのに気付いたら吸血鬼になっていたみたいな......」(安冨歩東大教授の弁);;

当初 corona に罹った症状として臭覚障害や味覚障害が報告されましたが、ここに来て分かってきたことは、そういった症状は、味蕾や鼻腔が炎症を起こすのではなく、臭覚や味覚を司る脳にダメージをうけるということ。更にオックスフォード大学の報告によると、約400人の感染者をCTスキャンに掛けたところ、脳の一部(側頭局)が萎縮し、そのことによって臭覚障害や味覚障害が起きるということ。

......... とは言うものの、10000年~25000年前に人類は定住をし、その時点で対面でのコミュニケーションが必須で常態化しました。なので、人類は物理的に接触しなければ精神的におかしくなる様に出来ています。
 ということで with corona は、緩急をつけてcorona 前提で生活するということがとても大切という何とも難しい状況です。

.......... つづく
 
 
   
 
   
 
   管理人:東 日出夫  
(c) 2020 -2021 okuzumi-class.net All rights reserved.